Ryoです^^

 

副業として、一昔前にブームになったブックオフせどり。

 

最近では、ライバルの増加や

せどりを禁止する店舗が増えてきたことにより

大分下火になっていました。

 

今回レビューするのはそんなブックオフせどりの商材です。

 

BOOKOFFハンターNEO

BOOKOFFNEO

 

<販売業者>

株式会社キュリアスコープ

<商材作成者>

岩崎秀秋  臼谷(うすや)

<所在地>

北海道札幌市中央区南3西6-7-3-602

<販売価格>

19,800円

 

BOOKOFFハンターの販売ページ

http://matsukage.sakura.ne.jp/bookoffhunter/neo/info/

 

 

ブックオフせどりはもう稼げないのか?

 

一昔前と比べると、ブックオフせどりはかなり衰退しています。

 

冒頭でも少し触れましたが、ライバルが増えた事もそうですが、

ブックオフがせどらー対策として、様々な対応をしている事も要因です。

 

そもそもせどり禁止にしている店舗もかなり増えてきましたし、

バーコードを通常のJANコードではなく、

ブックオフ独自の「インストアコード」というものに変更したりしています。

 

このインストアコードはブックオフ独自のものになる為、

通常のせどりツールでは読み込めなくなっているんです。

 

これにより、多くのせどらーがブックオフせどりを諦めているようです。

 

今回レビューしているBOOKOFFハンターNEOは

そのインストアコードに対応したせどりツールという事になります。

 

しかし非常に気になるのが、セールスページで紹介している

実際に販売した証拠画像の利益が低いという事。

 

利益500円台などをバンバン載せていますが、

ちょっと利益率が低いような気がしますね・・・^^;

 

 

BOOKOFFハンターNEOは割りに合わない

 

で、更にこのBOOKOFFハンターNEOですが、

作業の流れが非常に手間が掛かり面倒くさそうです^^;

 

そもそもセールスページで具体的な使い方が分からないもの問題ですが、

どうやら読み込んだデータを家に持ち帰り、仕入れする商品をリスト化して、

再度仕入れに行くという流れになっているようです。

 

購入者特典としてエバーノートの活用法があるところをみると

リストをスマホに落とし込んで仕入れに行くという感じでしょうか。

 

まず何度もブックオフに足を運ぶのも面倒ですが、

本当にお宝商品であれば、一度家に帰ってリストを作っている間に

売れてしまう可能性が充分にあります。

 

そしたらリストを作成した手間が無駄になってしまいます。

 

・セールスページに不透明さ

・仕入れ作業の手間が多く面倒な事

・利益率

・販売価格

 

これらを考慮すると、BOOKOFFハンターNEOは

現状あまりオススメは出来ないですね。

 

せどりツールであれば、断然コチラをオススメします

スマホ片手にお宝探し【セドリーム】

 

 

このセドリームはブックオフに限らず、

ドンキホーテや家電量販店などほとんどのお店で仕入れが可能で

もちろんその場ですぐにお宝商品か否かが分かるので、

お宝商品の買い逃しがありません。

 

せどりに興味があれば、断然セドリームをオススメします。

 

それでは^^